家庭科指導案

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,208
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題1.問題解決的な学習で実施するとき、課題の設定、学習過程、学習活動などに工夫が必要です。「ゆでる調理」を例に、ゆで方、ゆであがり状態などを理解される学習の展開を説明しなさい。
    最近の子供たちの衣食住に関わる経験が少なくなってきているなかで、基礎的・基本的な知識や技能を身につけていくためには、児童が意欲や関心をもち、主体的に学ぶことによって獲得していかなければならない。すなわち換言すれば問題解決的な学習の実施を行わなければならないと言える。そうすることにより、できるという自信に繋がり家庭生活に創意工夫し生かしていく力となるのである。また調理実習を通し自分たちの食生活を見つめ「なぜ食べるのか。」「何をどのように食べたらよいか。」ということについても考えさせ主体的に食生活を学んでいこうとする態度を育てることが重要である。
    そのため題材名は「お気に入りのゆでたまごをつくろう!!」とする。これは「ゆでる調理」を身近な食品で経験させることにより、ガスコンロの正しく安全な使い方に必要な知識や技能を習得させるなど、初歩的な調理の仕方の1つである「ゆでる調理」という基礎的、基本的な技術を習得させるこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。