設題2障害者の概念について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,290
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境障害社会障害者国際問題概念理解能力権利

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2 障害の概念について
     障害の概念は、狭義には身体または精神の機能の低下・異常・喪失あるいは身体の一部の欠損など、要するに医学的な立場から見た概念である。肢体不自由、視覚障害、内蔵機能障害、精神障害などはこの狭義の障害である。一方、広義の障害とは、障害に伴って生ずる生活上の困難等までを含む広い概念である。
    わが国の法律で、代表される障害の定義は次のように規定している。
    障害者基本法第2条において、「障害者とは、身体障害、知的障害または精神障害があるため、長期にわたり日常生活または社会生活に相当な制限を受けるものをいう」とされ、また、身体障害者福祉法第4条では、「都道府県知事から身体障害者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。