居住地の次世代育成支援対策推進法に基づく市区町村行動計画について、どのような課題があるか主要な課題を3つ掲げ論じなさい。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数511
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     居住地(市区町村)の次世代育成支援対策推進法(平成15年)に基づく市区町村行動計画について、どのような課題があるか主要な課題を3つ掲げ、それぞれ論じなさい。
     年々少子化が進行する現状において、次代の社会を担う子どもたちが健やかに生まれ、育てられる環境の整備のために国、地方公共団体、民間企業など様々な主体が社会を挙げて取り組んでいくことを目的とした「次世代育成支援対策推進法」が、平成15年7月に成立した。私の居住している市では、次世代育成支援対策推進法に基づき、平成17年4月より「次世代育成支援特定事業主行動計画」を策定している、以下にこの中から主要と思われる課題3つを挙げ論じていく。
     第..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。