不合理差別の禁止

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,319
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    不合理な差別の禁止について
    わが国では、現代憲法(14条1項)において、不合理な差別を排除し、徹底した平等を要求している。しかし平等を求めながら、その裏で差別意識も根底に根付いているのが現状である。
    差別の内容としては、国や地方公共団体など公権力による差別も少なからず残っているが、私人による社会的差別の問題も重要である。まず思い起こされるのが、企業における男女差別問題だろう。例えば、男女間における、賃金格差や、定年差別など、また外国人への就業差別や、より深刻なのは身体障害者に対する差別だろう。この様に、実態は様々な差別問題と常に対峙している。
    一般的に差別は許されないものといわれているが、それ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。