近代現代憲法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数4,326
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近代憲法と現代憲法の特徴について
    近代憲法は、17世紀から18世紀にかけてヨーロッパ諸国において成立した。自由と権利を獲得する為に行われた市民革命を契機に完成したものであり、国民の有する自由および権利を保障する為の権力の構成と行使の在り方を、正式な文書において確認するという考え方である。近代憲法の特徴として次のようなものが挙げられる。
     ①代表民主制:国民が選挙によって代表者を選び、間接的に政治に参加する間接民主制が設けられた。
     ②法治主義の原則:これまでの人による統治から、法による統治でなければならないという法治主義の原則が採用されている。
     ③政治責任の原則:連帯責任制度など、国家権力が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。