人間の環境認知の特質について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数577
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     目の前に青りんごがあるとする。このりんごを「青い」と感じたり、「香りがいい」と感じたり、「ずっしり重い」と感じたりするのは「感覚」である。そして、感覚が得た情報を組み合わせたり、過去の経験を呼び起こしたり、総合的に「これはりんごだ」と判断することが「知覚」である。わたしたちの日常生活は、感覚と知覚によって成り立っている。さらに、知覚したものに記憶や推論などの思考過程を含んだものが「認知」である。
     つまり、人間は五感を通じて外部の環境から情報を得て、自分の欲しい情報を選択し、それに基づいて行動している。このように、人は自分の欲しい情報を選択して環境を認知するという特徴があるが、その他にもいく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。