福祉国家の思想と原理について述べよ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数3,368
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「福祉国家の思想と原理について述べよ。」
     福祉国家とは、一般的に「民主主義政治経済体制のもとで、労働政策、社会保障政策、住宅政策、教育政策等、総合的な国家政策によって、完全雇用と所得再分配を目指し、国民生活の安定を図ろうとするもの」である。
    この「福祉国家」の成立と社会福祉発展の歴史については、救貧事業段階、保護事業段階、福祉国家段階があり、社会福祉の発展段階は、イギリスの社会福祉、社会保障制度の発展を主なモデルとしている。このイギリスの社会保障制度ならびに社会福祉の発展過程は、わが国の社会保障制度及び社会福祉のあり方について大きく影響を及ぼしている。従って、イギリスの「ベウアリッジ報告」を中心に、その発展過程とわが国の「福祉国家」との関連性を考えていく。
     ベウアリッジ報告とは、第二次大戦中の1942年イギリスで発表された「社会保険および関連サービス」で、イギリスの社会保障の思想と体系の原点となったものである。
    これは、戦後の社会保障制度「ゆりかごから墓場まで」の福祉を準備する設計図となり、世界最初の近代的福祉国家であると言われている。その内容は、社会政策の一環として
    歴史的に福祉国家は、過去一世紀の間に西ヨーロッパと北アメリカに出現した。これらの地域において、福祉国家という全国的で集団的で義務的な取り決めが出現したのは、個々の市民をとりまく産業社会の困難や問題に対処するためであった。福祉国家は、それぞれの社会の現実的必要性から生まれたが、そのイデオロギー的な背景は社会ごとに違っており、福祉国家の中にも多様なパターンが確認出来る。
    次に、福祉国家の基本的な柱をなす様々な社会保障制度は、18世紀後半以降の産業化ないし工業化の進展という、経済システム全体の構造変化と共に展開してきた。それ以前、農業中心の社会において社会保障はほとんど存在しない。(農村)共同体の中での、相互扶助が、実質上社会保障として機能してきた。ただし、商業資本が展開するまでに至った時代(16から17世紀頃)には、社会保障制度のルーツが見えてきた。18世紀後半イギリスの産業革命に端を発する「産業化」ないし工業化の後、社会保障そのものの構成要素が明確な形であらわれることとなる。
    では何故、社会保険という制度が先進国イギリスではなく、「後進国ドイツ」において初めて登場したのか。ドイツが産業化の後発国であるがゆえに次の事が理由としてあげられる。まずは、産業化の展開が極めて急激かつ矛盾を伴うものであったため、労働者の窮乏状況もより悲惨で、より強くそうした保護的施策を必要とした。もう一つは、保険社会を含め民間資本の発達が不十分で「国家」が自ら保険を実施する必要があったからである。
     次に、福祉国家の発展についてだが、19世紀のヨーロッパでは、工業化によって多くの人口が都市部へ移動した。人々の保障は、市場の結果次第となり、病気や高齢化や雇用者の経営方針によって、失業が発生すると人々は、生活手段そのものを奪われてしまった。貧困にあえぐ労働者が町にあふれれば、社会秩序が脅かされないため、国家は何らかの介入を実行せざるをえなくなった。産業化は、他方、教育、通信、情報の水準を高め、社会の下位構成員にも自らの生活条件を改善するための政治活動の機会を与えた。歴史的にみて社会秩序や給付金が過去の雇用実績と次第に結びつけられるようになったため、労働者は安定的な賃金や雇用の形態を受容するようになった。ここで注目されるのは、福祉国家が規則的な雇用を制度かしただけでなく、政治文化をも制度化した点である。さまざま

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉国家の思想と原理について述べよ。」
     福祉国家とは、一般的に「民主主義政治経済体制のもとで、労働政策、社会保障政策、住宅政策、教育政策等、総合的な国家政策によって、完全雇用と所得再分配を目指し、国民生活の安定を図ろうとするもの」である。
    この「福祉国家」の成立と社会福祉発展の歴史については、救貧事業段階、保護事業段階、福祉国家段階があり、社会福祉の発展段階は、イギリスの社会福祉、社会保障制度の発展を主なモデルとしている。このイギリスの社会保障制度ならびに社会福祉の発展過程は、わが国の社会保障制度及び社会福祉のあり方について大きく影響を及ぼしている。従って、イギリスの「ベウアリッジ報告」を中心に、その発展過程とわが国の「福祉国家」との関連性を考えていく。
     ベウアリッジ報告とは、第二次大戦中の1942年イギリスで発表された「社会保険および関連サービス」で、イギリスの社会保障の思想と体系の原点となったものである。
    これは、戦後の社会保障制度「ゆりかごから墓場まで」の福祉を準備する設計図となり、世界最初の近代的福祉国家であると言われている。その内容は、社会政策の一環として
    歴史的に福..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。