世界システム分析のエッセンスと現代思想的意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数339
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    世界システム分析のエッセンスと現代思想的意義
    世界システム分析とは、アメリカの学者ウォーラステインが提唱、確立した世界システム論によって国際社会を分析しうる手段である。世界システム論は、今日のこの国際社会をひとうつの世界であるようなシステムとしてマクロの視点で捉える。彼は、この国際社会を「世界‐帝国システム」と「世界‐経済システム」の二種類に分類した。「世界‐帝国システム」とはシステム全体が政治的に統一されており、単一の政治機構が存在し、それによって垂直的に支配されているシステムである。しかしここで注意が必要なのは、世界システムが必ずしも、地球全体を含んでいるわけではないということであり、同時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。