P6304 英文学研究 第1設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数611
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「灰の水曜日」について、あるテーマを選んで論述せよ。
     「救いへの道」
     
     T.S.エリオット(Thomas Stearns Eliot 1888~1995)はアメリカに生まれ、後にイギリスに帰化した作家である。詩人でもあり、劇作家でもあり、文芸批評家でもあった。彼の作品は彼の人生の流れの中で大きく変化を持つ。
     彼の最初の詩である「J. アルフレッド・プルーフロックの恋歌」(1915)がおさめられた処女詩集「プルーフロックとその観察」(1917)では、決められた詩形や標準となるパターンはない。特徴としては、都市生活をコントラストの強い文脈で比喩的に描いている。そして、その後1920年代になると、エリオットは次第に社会的なテーマ、そして宗教的なテーマを発表していく。 「荒地」は(1922)は、5部からなる長詩で、現代社会の不毛を、過去と対比させながら、見事に描いたエリオットの代表作として有名である。しかし、エリオットは、この「荒地」の下で、自らの詩の在り方を模索していた。そして実生活においての苦悩の中で、英国国教へと改心したのである。彼の中期の作品である「妖精詩集」は、彼の改宗と英国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。