P6304 英文学研究 第2設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数460
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「四つの四重奏曲」について、あるテーマを選んで   論述せよ。
    「永続の時間」
     「四つの四重奏曲」( Four Quartets )は、「灰の水曜日」から5年後に『バーント・ノートン』(1936)が発表されたところから始まる。そして、さらに『イースト・コーカー』(1940)、『ドライ・サルベージズ』(1941)、『リトル・ギディング』(1942)の3つの詩が書かれ、一つの詩「四つの四重奏曲」として完成された。1,2,4部の題はイギリスの古い屋敷や村の名前、3部はアメリカのマサチューセッツ州沖の岩礁群の名前で、エリオットのこれまでの生活や、歴史的な事柄がベースになっている。それぞれの四重奏は、5つのセクションによって成り立っている。そして、それぞれが、聖書からの暗示や文学的な意味を持ちながら、他のセクションを微妙に反映し、そして最後でそれまでの四重奏をまとめあげている。四大原素である空気、土、水、火が象徴に使われ、背景には四季が用いられている。エリオットはこれらの情景描写の中で、人の心の動きをなぞらせながら啓示の瞬間をとらえようとする。各詩が五楽章を持ち、全876行から出来ている最大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。