スポーツ論入門 リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数612
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「自己のスポーツ(身体運動)体験を通して獲得  したもの、現在、獲得しようとしているものを  具体的に記述しなさい」
     私は5才の時から今年22才になる今も、クラシックバレエを続けている。最初は体操がわりに習っていたのが、いつしかバレエが私の生活の中で占める割合が多くなり、中学校、高校と、クラブ活動もせずに学校が終わるとすぐにバレエのレッスンに通う毎日だった。高校卒業後は、アメリカの2年制の大学で舞踊芸術を専攻しながら現地のバレエ団の団員になって踊っていた。今年の3月に日本に帰国し、今は子供の頃からレッスンを受けていたバレエ教室で指導者になっている。
     「バレエは芸術だ」と言う人が多いと思う。確かにバレエは芸術のひとつに分類されるだろう。でも、私は、バレエは又「スポーツ」でもあると言いたい。実際、アメリカの大学で、どの学部の学生も必修で単位をとらなくてはいけないphysical education(体育)の科目の中に、バレエも含まれていた。ウエイトトレーニングや球技やフィットネスやその他の体育の授業を受けるのと同じ扱いで、バレエが体育の単位として認められていると言うことだ。音楽や舞台..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。