死刑について話

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数463
ダウンロード数3
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    なくではならない死刑
    死刑の存廃に関する議論は、今まで様々な見解がある。大きく分けて二つの意見がある。簡単に言えば、一つ目は死刑が必要だという。もう一つは、死刑が廃止すべきだという。
    死刑は、罪を犯した人にとって最高の極刑である。社会治安を破壊する人には死刑が(執行)される必要があると思う。
    死刑は重い刑罰であるので、当然に犯罪に対して強い抑制力を有するである。犯罪を行おうとする犯罪者の心理に対し、抑制的に作用し、それを思いとどまらせる力となるのではないだろうか。それが報復的意味と考える人がいると考えられる。当然死刑という刑罰制度のうちに含まれていたことが事実であるが、それは過去のことである。現在では、その報復的意味をする背後に退いている。無論、その報復てき思想が被害者の感情のうちに存在するという現実を否定することはできないから、それだけ死刑の存廃についても考慮を払わなければならない。その影響はあまり濃いものとはいえない。
     死刑に犯罪を抑制する力がどの程度に存在しているのかを思われるだろう。死刑の存在価値を決する科学的理論の中心問題である。死刑が多くの兇悪犯罪を防止するだけの抑制力を..

    コメント1件

    cq09 販売
    参考にもなりますので、是非ダウンロードしてください。
    2011/06/12 21:54 (5年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。