日本国憲法2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数162
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    表現の自由について
     表現の自由とは、人の内心の精神作用を、外部に向かって公表する精神活動の自由のことをいう。これは精神的自由権の典型とも言うべき権利である。
    民主主義にあっては、政治上の意思決定は終局的には国民によってなされることとなるが、適切な意思決定をなすには、その前提として十分な情報とそれに基づく議論が必要となる。情報を得、また議論をなすためには表現の自由は必要不可欠な権利である。いわば、表現の自由は、民主主義の根幹をなしているのである。
    日本においては、日本国憲法第21条第1項において規定されている。
    日本国憲法第21条
    1 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
    表現の自由は、プライバシーと衝突する場合がある。報道において頻繁に問題となる。芸能スキャンダルなどではプライバシーか、公衆の知る権利かで論争が起きたりする。ただ、報道を目的とする場合でも特に少年犯罪などの場合、本名や顔写真など本人と特定できる個人情報は、少年の更生を妨げるという観点から公開されないことが望ましい。
    表現の自由は報道の自由・言論の自由に限らず、芸術等の創作的活動に対して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。