社会と情報1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数177
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報とコミュニケーションについて
    新しいメディアは古いメディアを駆逐するか
    本格的に地上デジタルは放送の時代に突入した。なんと、アナログ放送のテレビは映らなくなると言う。
     新しいメディアは古いメディアを駆逐するかのような議論が、行われていた事もあったし、自分が知らないだけで、どこかでは今もそう言う議論があるのかもしれない。果たしてそうだろうか。
     明治に入ってからでも、マスコミュニケーションに限定して考えて見て、まず、新聞が来た。「来た」と言う表現はおかしいのかもしれないがとにかく来た。毎日、自宅まで届けられるニュース、広告欄には、最新の商品の宣伝。これがどれだけ画期的なニューメディアだったのかは我々平成にすむ人間には遠い幻ではあるけれども図書館などに行き、しっかり勉強すれば、幻の向こうにうっすらと、当時の興奮が見える。しかしこの教科書にはそんな事は一行たりとて載っていない。
     次にラジオが来た。ラジオの原理はかなり以前より知られてはいたが、実用化は1920年代だった。最初の頃は、やはりコンテンツに並々ならぬ苦労があったと聞く。現代なら、録音テープやら街頭インタビューやら、いろいろな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。