レイノルズ数とストローハル数

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数5,767
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レイノルズ数とストローハル数
    1. レイノルズ数(Reynolds number)
    流体の流れの状態は、流れの速度 v や物体の大きさ D、流体の密度ρ、粘度μの大きさに
    よってことなるが、これらを組み合わせて流れの状態を表すことができる。そのような数
    をレイノルズ数といい、次のように表す。
    Re=
    ρvD
    μ
    また、動粘度ν(=μ/ρ)を用いることにより次のようにも表わせる。
    Re=
    vD
    ν
    レイノルズ数は、慣性力と粘性力の比で、流れの力学的相似を表す、単位のない無次元量
    である。
    2. ストローハル数(Strouhal number)
    ストローハル数は、物体の後方に単位時間に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。