京都議定書の要点

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数743
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    京都議定書の要点

    先進国の温室効果ガス排出量について、法的拘束力のある数値約束を各国毎に設定
    国際的に協調して約束を達成するための仕組み(京都メカニズム)を導入

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    京都議定書の要点

    先進国の温室効果ガス排出量について、法的拘束力の
    ある数値約束を各国毎に設定
    各国の目標→日本△
    6
    %、ト早¢
    7
    %¤
    EU

    8
    %等
    先進国全体で少なくとも5%削減を目指す
    数値目標
    2008 年~2012 年
    の5年間 目標期間
    1990

    (HFC

    PFC

    SF6

    1995 年
    としてもよい
    )
    基準年
    森林等の吸収源による二酸化炭素吸収量を算入 吸収源
    二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、代替フロ
    ン等3ガス
    (HFC

    PFC

    SF6)
    の合計6種類
    対象ガス
    ○国際的に協調して約束を達成するための仕組み(京都
    メカニズム)を導入
    排出..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。