VE-2獣医師国家試験 殺虫剤 除草剤

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数417
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    獣医師国家試験対策のために作成した完全オリジナル問題です。勉強をはじめたばかりの人には少し難しいかもしれません。間違いのある場合はお知らせください。作品中の鉄板問題とは定番の問題という意味です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    殺虫剤・除草剤
    有機リン系およびカーバメート系殺虫剤
    有機リン系
    スミチオン・マラチオン
    フェニトロチオン・ジクロルボス
    メタミドホス -phosと付く農薬のほとんど
    カーバメート系
    カルバリル・プロボクスル
    ・作用機序
    コリンエステラーゼの作用を阻害してアセチルコリンの分解を阻害する。有機リン系は非可逆的に、カーバメート系は可逆的に阻害する。
    ・症状
    ムスカリン様兆候…嘔吐、下痢、流涎、流涙、縮瞳、呼吸困難、頻尿、徐脈
    ニコチン様兆候…筋肉の振戦、麻痺に進行する不全麻痺
    中枢神経作用…沈鬱、行動活発
    ・治療
    催吐処置、胃洗浄、活性炭投与、アトロピン投与(ムスカリン様兆候のみを中和する。チアノーゼの猫には禁忌)、PAM投与(カーバメートには効果なし)
    ・毒性を増強させるもの
    a.フェノチアジン系薬剤
    b.ニコチン様兆候を増強する物…サクシニルコリン、レバニゾール、ニコチン、クラーレ
    ・その他
    ペットのノミ取り首輪の有効成分(薬剤の感受性は猫>犬)
    経口、経皮、吸入による暴露
    アトロピン…ムスカリン受容体のアセチルコリンの作用を競合的に阻害する
    PAM(プラリドキシムヨウ化メチル)…不活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。