検量線サンプルを使用してリアルタイムPCRを行う。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数760
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    検量線サンプルを使用してリアルタイムPCRを行う(プライマーの確認)
    反応液の準備
    凍結保存していたスタンダードサンプルを融解し、分光光度計で濃度を測定する
    コピー数を計算する
    10倍段階希釈列(10^0~10^5程度)を作成する
    リアルタイムPCR試薬を準備する(計算したコピー数は1μlにおける濃度である)
    機械に反応条件を入力する(試薬添付文章に従う)
      一般的には 95℃5~10分(ホットスタートは非特異が出にくい)
            95℃0~5分
            60℃前後20~30秒
            72℃10~30秒
            融解曲線プログラム
            4℃   ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。