2MEメルカプトエタノール血清処理を用いたHI反応

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,190
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    IgMかIgGかを判定するために2-メルカプトエタノール処理を行います。このレポートは、2メルカプトエタノールを用いた血清の処理法を紹介する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2-メルカプトエタノール(2-ME,チオグリコール)処理血清についてのHI反応
    HI反応に関与する抗体がIgMかIgGかを区別する簡便な方法として2-ME処理を行う。IgMは通常5量体であり、それぞれのサブユニットはジスルフィド(S-S)結合で結ばれている。2-MEはこの結合を還元的に切断し、IgMを不活化させる。この様に2-MEで還元して不活化される抗体を2-ME感受性抗体という。IgGは2-ME処理でも活性を失わないので、2-ME処理は両者の区別やIgM不活化後のIgGの検出にもいられる。
    2ME処理後のHI抗体価が通常の方法で測定したHI抗体価よりも8倍以上減少した場合を、2-ME感受性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。