椎間板ヘルニアレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数447
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    椎間板ヘルニアのレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
    椎間板ヘルニアは退行性変化で椎間板が脊椎管内に膨隆、突出したもので、主に神経症状を呈する。部位および程度は種々であるが、胸腰部で多く見られ症状、治療は下に分類する。
    犬の椎間板ヘルニアの分類(胸腰部)
    GradeⅠ:疼痛のみで神経異常がない    内科療法 ケージレスト
    GradeⅡ:不全麻痺だが歩行可能 繰り返し起こる疼痛
    GradeⅢ:重度の不全麻痺(歩行、起立不可) →内科療法 減圧手術
    GradeⅣ:完全麻痺                →片側または背側椎弓切除術
    GradeⅤ:a 深部痛覚の無い完全麻痺(<48hr)   →外科療法
    b 深部痛覚の無い完全麻痺(>48hr)   →外科不適応?
    犬の椎間板ヘルニアの分類(頚部)
    stageⅠ:軽度ないし中等度の1~数回の頸痛            →保存療法、同窓術
    stageⅡ:重度の1回目の頸痛、軽度ないし中等度の2回目の頸痛   →保存療法、腹側スロット術
    stageⅢ:抑制不能の頸痛、頸痛の反復               
    stageⅣ:頚部痛に関わらず歩行可能な不全麻痺               腹側..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。