血球計算盤の使い方ビルゲルチュルク編

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数10,554
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    血球計算盤の使い方-ビルゲルチュルクBurker-Turk編
    血球計算盤
    仕様:チャンバーの深さ0.1mm、サンプル容量15μl(実際には0.1μlがグリッドに入る)
     普段は70%アルコールに入れて清潔に保存し、使用前に取り出し乾燥させる。
     
    細胞の準備(扱いに慣れていない人のために、具体的に記載する。)
    ・体細胞の場合
    細胞をPBS(-)で浮遊する。この浮遊液20μlとトリパンブルーを等量~5倍量(適量)混合する。
    この混合液を10μl程度血球計算盤に入れる。
    ・白血球の場合
    全血をチュルク液で10倍希釈する。(例えば、全部血10μとチュルク液90μl)
    この混合液を10μl程度血球計算盤に入れる。
    赤血球の場合
    カヴァース希釈液を使用する
    血小板の場合
    1%シュウサンアンモニウム液を使用する
        【全体図】                             
    Aの部分の面積が1mm^2なので、この部分の
    カウントをn(個)として、細胞数=n x 10^4 /ml となる。(これは、トリパンブルーまたはチュルク液で希釈した状態の細胞数なので、原液の細胞数はさらに希釈倍数..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。