全血からの白血球分離法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,227
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    全血からの白血球分離法
    概要
    全血から白血球を分離する方法は多様であるが、白血球培養やフローサイトメトリーに適応する細胞へのダメージが少ない分離法を紹介する。
    必要な器具(培養する場合は全て滅菌・無菌状態の器具を使用すること)
    遠心器
    15ml程度のコニカルチューブ
    ピペット
    アスピレーター(もしあれば)
    デュラン瓶
    計量器
    採血に必要な器具
    EDTA-2Na(またはK)真空採血管、ホルダー、注射針
    または、シリンジにて採血をし(マウス23-26G鶏21-24G、犬猫24G)、EDTA-2Na(またはK)採血管へ移す
    必要な試薬(培養する場合は滅菌すること)
    塩化アンモニウム溶血剤(使用前は常

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    全血からの白血球分離法
    概要
    全血から白血球を分離する方法は多様であるが、白血球培養やフローサイトメトリーに適応する細胞へのダメージが少ない分離法を紹介する。
    必要な器具(培養する場合は全て滅菌・無菌状態の器具を使用すること)
    遠心器
    15ml程度のコニカルチューブ
    ピペット
    アスピレーター(もしあれば)
    デュラン瓶
    計量器
    採血に必要な器具
    EDTA-2Na(またはK)真空採血管、ホルダー、注射針
    または、シリンジにて採血をし(マウス23-26G鶏21-24G、犬猫24G)、EDTA-2Na(またはK)採血管へ移す
    必要な試薬(培養する場合は滅菌すること)
    塩化アンモニウム溶血剤(使用前は常..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。