教育原論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数789
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育原論1 問題と回答
    試験問題1
    ポール・ラングランの生涯教育論の意義と、それ以降の生涯教育の歴史的変遷(ハッチンズ、フォール報告など)を述べよ。
    ・ポール・ラングランの生涯教育論は、社会背景の変化を受け、次のことを挙げたことに大きな意義がある。
    ・まず、旧教育では、学校が作成したカリキュラムに従った教育方法がとられていた。
    ・生涯教育は、主に「独学」により、個人が自己の興味・関心に従って学習活動を行う。
    ・支援する場においては、学習者のニーズに応じた教育内容を提供しなければいけない。
    ・また、旧教育では、生徒の学習動機づけが考慮されることはなかった。
    ・生涯教育においては、学習者の動機づけが重んじられなければならない。
    ・さらに、旧教育では試験のように競争することが重要であった。
    ・生涯教育ではグループ・ワークなどによって、知識の交流やコミュニケーションが図られる必要がある。
    ・最後に、旧教育では、他人の命令に従うことが意図されていた。
    ・生涯教育では、教師の干渉は最大限避け、個人の創造的自発性を最大限尊重しようとする教育方法である。
    ・ハッチンズの学習社会論では、生涯教育が職業教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。