アメリカの雇用における黒人差別

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,505
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『アメリカの雇用における黒人差別』
    アメリカにおいて、人種差別は1964年の公民権法の施行によって、法律上の差別は廃止された。しかしながら、それに対して白人たちは、法律に変わる形で、黒人たちとの共生を避ける形で、生活する工夫を考えた。とりわけ、法律に代わって、差別を存続する障壁となっているのが、経済格差であると考えられている。1970年代から始まった、強制バス通学を嫌った、白人たちは郊外に移り住み、白人たちの街を作り出したという。すなわち、貧しい黒人と富める白人といった区分により、住む地域を隔てたのである。こうして、法律に触れることなく、見えない差別を作りだしていると考えられている。それらを維..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。