福祉社会学2単位目(評価:優)2017年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数306
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大学・福祉社会学2単位目です。 評価は優でした。 レポート課題などの参考にしていただければと思います。  尚、あくまで参考資料としてのアップロードですので、 丸写しで提出した場合にカンニングと認定された等の 責任は一切負いません。自己責任でお願いします

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    「現代社会とともに変化してきた「家族形態」と「家族機能の変容」について考察しなさ
    い。」
    現代の家族、そしてそれをとりまく社会は、様々な要因から多様な変化を遂げている。
    例えば社会のために家族が存在した時代から、家族のために個人が存在した時代への変遷
    を経て、そして個人のために社会や家族が存在するという時代になってきているとも言え
    る。
    個人の欲求充足に焦点を合わせた場合における家族機能を分類すると、生命維持機能、
    生活維持機能、パーソナリティ機能、ケア機能の 4 つに分類することができる。
    これらの機能の中で、高齢社会、そして核家族という家族が抱える問題を鑑みる意味で
    も、ケア機能を取り上げて考察したい。
    ケア機能とは、自らの力では生活を営むことができない乳幼児・病人・障害者・高齢者
    などに対する援助のことを指し、とりわけ高齢者に対するケアの機会は、高齢化と並行し
    て増大している少子化の社会を如実に反映して増加しているものであると言える。これは、
    子供を含めた世帯が少なくなり、高齢者を含む世帯が増加している現状が背景にある。
    また、食生活の変容や流通の向上により、多様..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。