鉄の重量分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,609
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験理論重量記録酸化内容ペット

    代表キーワード

    実験鉄の重量分析

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    緒言
    硫酸第一鉄FeSO4・7H2Oの結晶中のFeを水酸化第二鉄Fe(OH)3として沈殿させ、ろ別し、これを熱して酸化第二鉄Fe2O3の形にし、この重量を精密に測定することで鉄分の含有率を求める。
    実験方法
    〔実験1〕るつぼの空焼き
    1-1.磁磁性るつぼを下マッフル上の三角架に少し傾けて載せバーナーの極弱火で熱した。
    1-2.るつぼをまっすぐに立て完全に蓋をして、上マッフルをかぶせ、15分間強熱した。
    1-3.上マッフルを金網の上に置き、るつぼを少し冷やしてから、るつぼばみを用いてデシケーターに移し、30分間放冷した。
    1-4.るつぼの重量を記録した。この操作を恒量になるまで繰り返した。
    〔実験2〕沈殿の生成
    2-1.空の秤量瓶を精秤した。約0.21gの硫酸第一鉄を薬包紙にはかり採り、秤量済みの秤量瓶に入れた。再び精秤した。
    2-2.この硫酸第一鉄結晶を300mlビーカーに入れ、水約100mlに溶かした。秤量瓶の内側に水を吹き付け、ビーカーに回収した。
    2-3.濃HNO31.0mlを加え、時計ざらでふたをし、約10分間煮沸した。
    2-4.液が暖かいうちに試料溶液をガラス棒でかきまぜなが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。