水とメタノール

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数669
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験重量測定比較密度理論温度

    代表キーワード

    実験水とメタノール

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    緒言
    水‐メタノール二成分混合液体の単蒸留をし、蒸留曲線を出す。Rayleighの関係から求めた理論値と実験値とを比較する。
    実験方法
    水/メタノール系における密度
    1-1.20(wt%)のメタノール水溶液を調製した。
    1-2.25℃の恒温槽にピクノメーターを浸し、デシケーター中に15分間放置して秤量した。(標準的な乾燥状態にする)
    1-3.ピクノメーターに蒸留水を加え、恒温槽に15分間浸し、デシケーター中に15間放置してから秤量した。
    1-4.蒸留水を入れる前後の重量差と25℃の純水の密度から容積を求めた。
    1-5.蒸留水の場合と同様に20(wt%)メタノール水溶液をピクノメーターに満たし重量を測定し、ピクノメーターの容積から密度を求めた。
    蒸留
    2-1.受器用短形メスシリンダーと沸騰石を数粒投入した枝付フラスコを秤量した。
    2-2.メタノール水溶液(50[wt%])300mlを調製した。そのうち約50mlを使い、密度測定により組成を決定した。残りの約250mlを枝付フラスコに仕込み、秤量した。
    2-3.蒸留装置を組立、冷却水を通し加熱を始め蒸留を開始した。
    2-4.沸騰が起こり始め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。