充填率

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数552
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験教員測定密度考察グラフ原因構造重量種類

    代表キーワード

    実験充填率

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    緒言
    数ミリのガラス球やセラミックス球を用い、規則充填あるいは不規則充填に関する知見を得ること、それらの構造生成原因について考察する。
    実験方法
    一日目
    Ⅰ.等大球による2次元規則充填
    1-1.直径5mmの球を用意し所定量プラスチック製のケースに充填した。
    1-2.球がこぼれ落ちないようにケースを振とうして、球を最密充填させ、教員あるいはT.Aに確認してもらった。
    1-3.デジタルカメラで充填構造を撮影し、プリンターでプリントアウトし写真から、ケースの面積と球の個数から、充填率を算出した。
    Ⅱ.等大球による2次元規則充填
    2-1.同様の手順で球をケースに充填し、同様に振とうした。おおよそ球の再..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。