金属と酸

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数277
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    緒言
    金属の酸の実験を通して、いろいろなイオン相互の間に起こる反応を観察し、その反応がどんな原理に基づいて起こっているかを考察する。
    実験方法
    〔実験1〕Ca2+
    1-1.試験管の中に蒸留水を10ml入れ、これに金属カルシウムの小片を一個入れた。
    このうち、5mlを他の試験管に移し、リトマス紙で溶液の酸性度を調べた。
    1-2.これに1M HClを酸性になるまで加え、Na2C2O4溶液を1滴ずつ加えた。
    〔実験2〕Zn2+,Pb2+
    2-1.亜鉛(大粒1個)、鉛(小粒5個)を各々試験管にとり、これに亜鉛には1M HCl 、鉛には6M HClを5ml加えた。
    2-①.亜鉛については、2mlを他の試験管に移し、これに3M CH3COONa溶液2mlと蒸留水6mlを加え10mlにし、1M Na2S溶液を一滴ずつ加えた。
        また他の2mlには、蒸留水を8ml加え、5%K4[Fe(CN)6]を数滴加えた。
    2-②.鉛については、2mlを他の試験管に移し、CH3COONa溶液4mlと0.5M K2CrO4溶液を2滴加えた。鉛の存在が不確定なので6M NH4OHを2~3ml加えた。
    〔実験3〕..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。