IR測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数173
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験測定ロック自然安全材料管理

    代表キーワード

    IR測定

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
    放射線には、どのような種類があるか、どのような管理が必要か、人体にどのような影響があるかなど、基礎知識を身につける。
    実験方法
    放射線の安全管理について
    1)実験材料
    シンチレーションサーベイメータ、チェッキングソース、鉛板、アクリル板、鉄板
    2)操作
    1.シンチレーションサーベイメータを測定可能状態にした。
    2.チェッキングソースを用意し、シンチレーションサーベイメータとの距離を、2、3、4倍と伸ばし、それらの距離のカウント音を聞き放射線の当たる確率を測定した。
    3.次にチェッキングソースとサーベイメータの間に鉛ブロックを置き、遮蔽状態のカウント音を聞き放射線の当たる確率を測定した。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。