均一触媒

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数167
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験測定変化試験液体時間滴定

    代表キーワード

    均一触媒

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
    I-を触媒とするH2O2の分解反応を、発生するO2ガスの体積変化を追跡することにより測定し、その分解反応速度式を求める。
    データ整理の過程で濃度(モル濃度、規定度、当量など)の概念を理解する。
    実験方法
    ・試薬の作成
    a.0.5N KI溶液100ml(メスフラスコ)
    8.3gのKIを100mlの水に溶かし、調整後は褐色瓶に保存した。
    b. H2O2溶液200ml(メスフラスコ)
    濃H2O2溶液20mlをとり、200mlメスフラスコを用いて10倍希釈した。
    c.0.01N Na2S2O3・5H2O溶液200ml(メスフラスコ)
    0.496gのNa2S2O3・5H2Oを200mlの水に溶かした。
    d.でんぷん指示薬
    100mlの水に半匙分のでんぷんを加え、さらに加熱し完全に溶かした。
    e.6N H2SO4溶液
    36N 濃硫酸H2SO4 15mlを6倍に希釈。75mlの水をメスシリンダーで測りビーカーに移し、ガラス棒でかき混ぜながら36N 濃硫酸15mlを除々に加えた。
    f.0.5N KMnO4溶液250ml(メスフラスコ)
    3.95gのKMnO4を250mlの水に溶かした。
    O2ガス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。