重力加速°

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数984
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験測定振動影響方法時間

    代表キーワード

    実験

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.目的
    ボルダの振り子を用いて重力加速度gを求める。
    2.理論
    球錘を一様な細かい針金で吊して、一鉛直面内で小さな振幅で振らせると、この振動の周期Tは
    (1)
    で与えられる。
    ここでmは球錘の質量、lは支点から球錘までの長さ、rは球錘半径、Iは支点を通る水平軸のまわりの慣性モーメントである(図1)この慣性モーメントI
    I= (2)
    で与えられるから、(2)式を(1)式に代入すれば
    T= (3)
    となる。
    ここで は に対して十分小さい値となるから、(3)式は
    T=  (4)
    としてよい。したがって、(4)式より重力加速度gは
    g=  (5)
    で与えられ、l、rおよびTを測定すれば、測定地点の重力加速度gの値が求められる。
    3.装置と装置の説明
    図1に示すように、球錘Gが細かい針金で水平三角稜Eの刃(以下、ナイフエッジという)に吊してある。このナイフエッジEは、球錘Gの振動面を決定と減衰要因となる銅摩擦を極小とするものであり、3本の調整ねじのついたU字形の水平板Bで支えられている。水平板Bは固定された台Aにのせてある。この装置をボルダ(borda)の振り子と呼ぶ。
    4.実験手段
    1 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。