ミュラーリヤーの錯視

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数7,544
ダウンロード数109
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    基礎心理学実験 ミュラー・リヤーの錯視 実験考察レポート
    我々が知覚しているものは、物理的な外界そのものではない。視覚の場合には、眼に入った情報をもとにして、外界を再構成して認識していると考えられている。長さ、角度などが物理的なそれとはちがって感じられることもある。それを錯視といい、幾何学的な図形について生ずる錯視を幾何学的錯視という。幾何学的錯視の現象は、古くから心理学で取り上げられ、現在でも視覚的な認識の研究対象となっている。
     この実験では、代表的な幾何学的錯視であるミュラー・リヤー錯視をとりあげ、錯視量が矢羽根(斜線)の条件によってどのよう異なるかを調べる。
    目的
    ミュラー・リヤーの錯視に影響を与える要因としては、斜線の長さ、斜線の角度、主線の長さ、図形全体の傾きなどが考えられるが、この実験では、斜線の角度(挟角)によって錯視量が異なるかどうかを検討する。
    方法
    実験参加者:心理学実験受講者XX名。                ← → 
                                標準刺激      比較刺激
    器具:ミュラー・リヤー錯視図形。金属製で、 外向き斜線..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。