自由再生における系列位置効果 実験考察レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数7,570
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験心理学心理記憶再生課題自由比較考察

    代表キーワード

    心理学

    資料紹介

    基礎心理学実験  自由再生における系列位置効果


    記憶は1種類のものではなく、通常、感覚記憶・短期記憶・長期記憶の3段階にわかれるものであると考えられている。感覚記憶とは、感覚刺激がパターン認識の過程を経る前に一時的に保存されているものをさし、普通「記憶」と呼んでいるものとは異なるものである。
    電話番号などを一時的に記憶にとどめておくことができるが、それは短時間のうちに忘れられてしまう。このような記憶を「短期記憶」という。それに対して、小さい頃の思い出や、さまざまな知識などのように長期にわたって貯蔵されている記憶を「長期記憶」と呼ぶ。この実験では、長期記憶と短期記憶を区別する根拠のひとつである、自由再生における系列位置効果について検討する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    基礎心理学実験  自由再生における系列位置効果
      学生番号XXXXXXX-XX
    氏  名   ○○ ○○
                                      提出日XXXX年XX月XX
    記憶は1種類のものではなく、通常、感覚記憶・短期記憶・長期記憶の3段階にわかれるものであると考えられている。感覚記憶とは、感覚刺激がパターン認識の過程を経る前に一時的に保存されているものをさし、普通「記憶」と呼んでいるものとは異なるものである。
    電話番号などを一時的に記憶にとどめておくことができるが、それは短時間のうちに忘れられてしまう。このような記憶を「短期記憶」という。それに対して、小さい頃の思い出や、さまざまな知識などのように長期にわたって貯蔵されている記憶を「長期記憶」と呼ぶ。この実験では、長期記憶と短期記憶を区別する根拠のひとつである、自由再生における系列位置効果について検討する。
    目的
     自由再生法において、直後再生条件と30秒の挿入課題の後に再生させる遅延再生条件を設けて両者の系列位置効果を比較する。その結果をもとに短期記憶と長期記憶を区別することの妥当性について考察す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。