教育相談研究テスト

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数700
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ①カウンセリングの種類を挙げて、それぞれの理論や方法について比較検討しなさい。
    ②非行している子どもの心理と、学校や家庭における指導の在り方を述べなさい。
    ③現代の子どもたちは、仲間同士の人間関係が希薄になっていると言われているが、その原因と考えられることを述べ、教育相談を含めて学校教育全体での対策について論じなさい。
    ④現代の社会や学校において、カウンセリングがますます重視されるようになってきている背景や原因について考察しなさい。
    ⑤教師カウンセラーとスクールカウンセラーそれぞれの長所と限界について考察しなさい。
    ⑥不登校について、そのタイプ別に学校及び家庭における対応の在り方を述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①カウンセリングの種類を挙げて、それぞれの理論や方法について比較検討しなさい。
    (パストラル・カウンセリング)
    日常生活において悩みの相談にのる場合をカウンセリングと呼ぶ場合がある。カウンセリングを行うのは専門家でなければならないということでなはく、例えば僧侶などが信者仏壇家の悩み事の相談に乗る場合もカウンセリングになる。このようなカウンセリングをパストラル・カウンセリングという。
    (キャリア・カウンセリング)
    職業指導や就職のための指導を今ではこれらはガイダンスと呼ばれる場合が多いが、このような指導をキャリア・カウンセリングという。このときのキャリアとは職業という意味である。
    (パラ・カウンセリング)
    電話相談とかあるいは医者以外の医療関係者、例えば看護師や医療関係の技術者などが、それぞれの分野で相談に乗る場合をパラ・カウンセリングという。このパラとは周辺とか近接領域とかいう意味であり、カウンセリングの専門家でないがその関係者が行うカウンセリングという意味である。
    (ピアー・カウンセリング)
    同僚や友達などが同じ仲間の相談に乗ることをピアー・カウンセリングという。ピアーとは同僚とか仲..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。