米文学テスト

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数429
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ①S.アンダンスンとE.ヘミングウェイについて代表作を挙げながら論ぜよ。
    ②ロストジェネレーションについて具体的な作家を2名以上挙げて論ぜよ。
    ③自然主義について具体的な作家を2名以上挙げて論ぜよ。
    ④トウェインとヘミングウェイについて代表作3作以上挙げながら論ぜよ。
    ⑤フォークナーとスタインベックについて代表作を挙げながら論ぜよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1S.アンダンスンとE.ヘミングウェイについて代表作を挙げながら論ぜよ。
     アンダンスン:彼の代表作『ワィンズバーグ・オハイオ』はアメリカ文学のひとつの古典となり、特にその文体は、フォークナーやヘミングウェイなどの次の世代に大きな影響を与えたものである。1920年に出した長編『貧乏白人』と、翌年の『卵の勝利』も非常な好評をもって迎えられ、彼の作家としての地位は不動のものとなった。その後、長編小説(『多くの結婚』など)や短編集(『馬と人間』など)、自伝と相次いで発表されるが、どれもみんな機械文明に対する反発と疎外感、それゆえの逃避という彼の処女作以来の唯一の自伝的テーマを重ねただけであった。『ワィンズバーグ・オハイオ』、『貧乏白人』、『卵の勝利』の3作品がアンダンスンの代表作といえる。
     ヘミングウェイ:ミングウェイの代表的な作品についてまず『日はまた昇る』が挙げられる。これはヘミングウェイを一躍有名にした作品であり、この作品の中の言葉“you are a lost generation”が「失われた世代=ロストジェネレーション」の出所である。そして次に挙げ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。