米文学史2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数511
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。」
    ロスト・ジェネレーションという言葉を定着させたのは、1920年代の若いアメリカの作家たちに多大な影響を与えたガートルード・スタインであり、それをヘミングウェイが作品の中に使い始めたことに始まる。ロスト・ジェネレーション(失われた世代)とは、戦争に参加し、その体験を背負ってアメリカに帰ったのちに再びヨーロッパに渡った人たちのことを指し、それらを扱った作家がロスト・ジェネレーションの作家といわれている。ジョン・ドス・パソス、スコット・フィッツジェラルド、ウィリアム・フォークナー、アーネスト・ヘミングウェイがロスト・ジェネレーションの代表的な作家である。以下、彼らの作品

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。」
    ロスト・ジェネレーションという言葉を定着させたのは、1920年代の若いアメリカの作家たちに多大な影響を与えたガートルード・スタインであり、それをヘミングウェイが作品の中に使い始めたことに始まる。ロスト・ジェネレーション(失われた世代)とは、戦争に参加し、その体験を背負ってアメリカに帰ったのちに再びヨーロッパに渡った人たちのことを指し、それらを扱った作家がロスト・ジェネレーションの作家といわれている。ジョン・ドス・パソス、スコット・フィッツジェラルド、ウィリアム・フォークナー、アーネスト・ヘミングウェイがロスト・ジェネレーションの代表的な作家である。以下、彼らの作品について述べていきたい。
    ジョン・ドス・パソスの代表作「U.S.A」では、彼が第一次世界大戦に積極的に参加したときの思想と行動が描かれており、20世紀初期のアメリカ社会の総白書でもある。「U.S.A」は、「北緯42度線」(42nd Parallel, 1930)、「1919年」(1932)、「巨富」(The Big Money, 1936)の三部作から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。