米文学史1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数361
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。」
    エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe, 1809-1849)は、1827年に美学的・耽美的な最初の詩集を発表し、更に代表的な詩である「アル・アーラーフ」を含んだ第二詩集を1829年に、第三詩集を1831年と矢継ぎ早に出版していく。ポーは、1831年頃まで詩人であったが、ちょうどこの頃から短編を書き始めたといわれている。その最初の成果は、1833年に雑誌に掲載された短編「びんの中の手記」であった。この短編の成功から詩人でありながら小説家としてもデビューを果たしたのである。
    その後、旺盛な創作力を活かして数々の短編や詩を発表する。他にも代表的な詩の作品は多々あり、「ヘレンへ」や、亡き妻ヴァージニア・クレムへの思いを綴った「アナベル・リー」、混乱した心の崩壊を象徴する「幽霊宮殿」などがある。
    1838年には、唯一の長編小説である「アーサー・ゴードン・ピムの冒険」を発表し、この小説は、現在でもポーの諸作品の中ではそれほど注目

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。」
    エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe, 1809-1849)は、1827年に美学的・耽美的な最初の詩集を発表し、更に代表的な詩である「アル・アーラーフ」を含んだ第二詩集を1829年に、第三詩集を1831年と矢継ぎ早に出版していく。ポーは、1831年頃まで詩人であったが、ちょうどこの頃から短編を書き始めたといわれている。その最初の成果は、1833年に雑誌に掲載された短編「びんの中の手記」であった。この短編の成功から詩人でありながら小説家としてもデビューを果たしたのである。
    その後、旺盛な創作力を活かして数々の短編や詩を発表する。他にも代表的な詩の作品は多々あり、「ヘレンへ」や、亡き妻ヴァージニア・クレムへの思いを綴った「アナベル・リー」、混乱した心の崩壊を象徴する「幽霊宮殿」などがある。
    1838年には、唯一の長編小説である「アーサー・ゴードン・ピムの冒険」を発表し、この小説は、現在でもポーの諸作品の中ではそれほど注目されていないものだが、この物語の最後に現れる全てが白に覆われるイメージは、ハーマン・メルヴ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。