教育方法学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数544
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。』
     現在、教育現場においては、さまざまな教育改革が推進されている。特に教育方法の改革では、従来の知識伝達を重視した授業から、児童生徒の主体的な学習を重視する授業へと変化している。2002年度実施の新教育課程では、「基礎的な学力の育成」と「生きる力の育成」の両面が求められている。即ち、次の4つの学力をバランスよく育てることが大切である

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。』
     現在、教育現場においては、さまざまな教育改革が推進されている。特に教育方法の改革では、従来の知識伝達を重視した授業から、児童生徒の主体的な学習を重視する授業へと変化している。2002年度実施の新教育課程では、「基礎的な学力の育成」と「生きる力の育成」の両面が求められている。即ち、次の4つの学力をバランスよく育てることが大切である。①基礎的な学力A(「読み・書き・計算」といった学力であって、教科書等の学習の基礎となるもの)②基礎的な学力B(学習指導要領で明示される各教科等で目指される学力)③発展的な学力(学習指導要領の目標・内容を越えた学習や、複数教科間の関連付けをはかるような学習を通して育成される学力)④実践的な学力(教科の枠を超えて現実の社会課題や自らの生き方に関わる課題を発見し、解決しようとする際に身に付く学力)である。そして、①・②は、まさに「不易な学力」であり、「伝統的な学力」であると言える..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。