教育相談研究

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数380
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
    まず、カウンセリングとはそもそもどのようなことを指すのかをまとめたい。カウンセリングとは、日常生活の中で様々な問題にぶつかった時にその人が心を整理し、どのように問題解決していくかを見つけ出す援助を非日常的な場面を作ってでも行うということである。自分で乗り越えられる問題ならいいのだが、『心を整理できなくなった』、『何がなんだかわからなくなった』といった状態は援助が必要なので、日常から見ると外部の人間であるカウンセラーが非日常的な空間を作って、具体的には面接を行い、その人が日常生活を送れるようにする作業である。そして専門のカウンセラーは、心理学の諸理論を学び、それに基づいたカウンセリングの諸理論、つまり人をサポートするための方法を学んでいるのだ。カウンセラーは治療を行う精神科医とは違い、あくまで援助に徹するものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
    まず、カウンセリングとはそもそもどのようなことを指すのかをまとめたい。カウンセリングとは、日常生活の中で様々な問題にぶつかった時にその人が心を整理し、どのように問題解決していくかを見つけ出す援助を非日常的な場面を作ってでも行うということである。自分で乗り越えられる問題ならいいのだが、『心を整理できなくなった』、『何がなんだかわからなくなった』といった状態は援助が必要なので、日常から見ると外部の人間であるカウンセラーが非日常的な空間を作って、具体的には面接を行い、その人が日常生活を送れるようにする作業である。そして専門のカウンセラーは、心理学の諸理論を学び、それに基づいたカウンセリングの諸理論、つまり人をサポートするための方法を学んでいるのだ。カウンセラーは治療を行う精神科医とは違い、あくまで援助に徹するものである。その人の人生をその人が問題解決し、それを通して常にその人は成長していくのだという人間観を持って、あくまでもその人自身が動けるようにサポートする立場である。カウンセリングの専門家でない者でも、本質的な意味で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。