教育社会学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数452
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。』
     最初に、「学歴社会」とは何なのかを述べたいと思う。
    「学歴社会」というのは、学歴によって、職業選択、給与体系、出世速度などが左右される社会のことである。すなわち、良い学校を卒業したものはそれだけで優秀とみなされ、たいしたことのない学校ならそれなりの目で、中卒などになると白い目で見られることも少なくはないのである。バブル崩壊以降、実力主義や能力主義の社会を迎え、いわゆる有名一流ブランドという学歴社会はなくなり、個人の資質、能力を平等に評価することが大切だと思われてはいるが、現在の日本はまだまだ学歴社会のままである。
    学歴社会の現状で、企業

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。』
     最初に、「学歴社会」とは何なのかを述べたいと思う。
    「学歴社会」というのは、学歴によって、職業選択、給与体系、出世速度などが左右される社会のことである。すなわち、良い学校を卒業したものはそれだけで優秀とみなされ、たいしたことのない学校ならそれなりの目で、中卒などになると白い目で見られることも少なくはないのである。バブル崩壊以降、実力主義や能力主義の社会を迎え、いわゆる有名一流ブランドという学歴社会はなくなり、個人の資質、能力を平等に評価することが大切だと思われてはいるが、現在の日本はまだまだ学歴社会のままである。
    学歴社会の現状で、企業における学歴重視の人事政策のあり方が学歴主義的な秩序を維持し、社会を学歴社会としている。そしてそのことは高学歴化を進行させている要因であろう。私は、学歴だけを重視するという社会は良くないと思う。学歴で人を判断する社会になった結果、良い会社に入るためには良い大学、良い大学に入るためには良い高校となり、ある地域では幼稚園に入る頃から受験勉強に取..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。