教育原論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数558
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『ペスタロッチ―の教育学(直観の原理など)について考察せよ。』
     最初に、ペスタロッチ―について簡単に述べたいと思う。「世界の教育者」と言われるヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチ―は、1746年にスイスのチューリッヒで生まれ、父を早くに失った。幼少期から母と忠実な家政婦に育てられたことにより、母の宗教的情操の豊かな人柄が、彼の感性に大きく影響を与えたといわれている。そして、貧しい人々の救済のために働いている祖父に影響され牧師となり、宗教的信仰を以て救済事業にあたることを生涯の使命と決意した。神学を学ぶために大学へ進み、そこで貧民救済

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ペスタロッチ―の教育学(直観の原理など)について考察せよ。』
     最初に、ペスタロッチ―について簡単に述べたいと思う。「世界の教育者」と言われるヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチ―は、1746年にスイスのチューリッヒで生まれ、父を早くに失った。幼少期から母と忠実な家政婦に育てられたことにより、母の宗教的情操の豊かな人柄が、彼の感性に大きく影響を与えたといわれている。そして、貧しい人々の救済のために働いている祖父に影響され牧師となり、宗教的信仰を以て救済事業にあたることを生涯の使命と決意した。神学を学ぶために大学へ進み、そこで貧民救済のためには宗教ではなく法学を学ぶことが重要と悟り、法学についても研究を重ねた。1771年ノイホーフ農場を設立し、1774年には子どもの学習と農場労働を一体化した貧民学校を設立したが、いずれの事業も失敗に終わった。このとき友人に勧められて発表したのが、『隠者の夕暮れ』(1780年)と『リーンハルトとゲルトルート』(1781年)である。この2作品が世間で好評を得た。また、『ゲルトルートはいかにその子らを教えるか』(1801年)という著書で彼は教育の目的を、子どもが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。