英米文学概論 第二設題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数362
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『アメリカにおけるピューリタン文学の特色を書きなさい。』
    ピューリタンとは、1529年にルーテル(Martin Luther 1483~1546)がローマ教会に講義したとき、プロテスタントという呼び名が生まれた。そして、イギリス国教会に残っているカトリック色を一掃しようとした人たちのことをそう呼んだのである。彼らは知的レベルが高く、金持ちの商人達に支援されていたので、ピューリタン派の牧師の多くは国教会派の牧師より収入が多かったと言われている。このピューリタン達の中で、国教徒大弾圧の後にオランダを経

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『アメリカにおけるピューリタン文学の特色を書きなさい。』
    ピューリタンとは、1529年にルーテル(Martin Luther 1483~1546)がローマ教会に講義したとき、プロテスタントという呼び名が生まれた。そして、イギリス国教会に残っているカトリック色を一掃しようとした人たちのことをそう呼んだのである。彼らは知的レベルが高く、金持ちの商人達に支援されていたので、ピューリタン派の牧師の多くは国教会派の牧師より収入が多かったと言われている。このピューリタン達の中で、国教徒大弾圧の後にオランダを経てライデン村に逃亡した者達が、アメリカ大陸への移住を決意した。これには十分な計画性は無かったが、彼らはキリストの福音を世界に広めたいという強い情熱にかられていたのである。このピューリタン達は南部植民地建設から13年後、北部のマサチューセッツに上陸したのである。南部移民の商業的な利益追求姿勢とは逆に、彼ら北部移民は宗教と教育を優先したが、移民の多くは貧しかったため、イギリスの伝統的文化はもちこまれず、精神的な影響力を持ったものはピューリタニズムのみであった。そして、このピューリタン達の思想を伝え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。