異文化理解(西欧)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数624
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『EU統合はそこに暮らす人々、ひいては世界の人々の幸福にどのような貢献を果たすと考えられるか。もっとも基本的な発現状況を要約して述べよ。』
    EU(ヨーロッパ連合)は、その前身であるEC(ヨーロッパ共同体)を母体として、1993年11月1日の「欧州連合を設立する条約」(マーストリヒト条約)の発効によって設立された。現在は27カ国がEUに加盟しており、EUの裁判所、文化、議会事務局などの拠点はベネルクスの3国に置かれている。
    EUの最も重要な目的としては、平和の維持・確立といった現実的な要請が挙げられている。EUを不戦共同体として、ヨーロッパに平和を実現することは、国民一人ひとりの願いである。これは古来よりヨーロッパでは戦火が耐えなかったことを考えれば容易に理解できることであろう。ヨーロッパでの平和論の興隆は、30年戦争が勃発していた16世紀ごろにすでに見られる。そして、ブルボン家のアンリ4世の宰相シェリー公爵が唱えた「グランド・デザイン(大計画)」は後世に影響力を残したのだ。その後、国際舞台で平和の実現のために統合の必要性が認識されたのは、特に第1次世界大戦と第2次世界大戦によってである..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。