家庭科指導法 第2分冊 消費者教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,022
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     消費者教育の目標は、自主的判断のできる賢い消費者を育てることにあるとされている。小学校での指導となると、学習指導内容の「身の回りのものや金銭の計画的な使い方を考え適切な買い物ができるようにする」での指導が中心になると考えられる。つまり、身の回りの物である学習用具や遊びに使う物、子どもたちが日常生活で使用するものに着目し、どのように使っているか、購入したものは自分の生活にとって必要なものなのかを考えさせるように指導する必要がある。
     その指導内容としては、物や金銭の使い方を自分の生活との関わりで考えることが出来るようにすることであり、つまり身の回りの物の選び方や買い方を考え、購入することができることを目指すことである。現代社会では、児童の周りにもテレホンカードや図書券、定期券などのプリペイドカードなどカードが多く存在し、実際に児童も本の購入や塾の行き帰りなどに使っていると考えられる。それらの正しい使用方法や取り扱い、金銭としての認識を指導していく必要がある。テレホンカードや図書券では、事前にお金を払い、その分だけ使用できるといった特徴を持つものに対し、直接的に触れる機会は少ないが、クレ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。