情報科学入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数448
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)コンピュータを稼動運用するにあたり、ハードウェアとソフトウェアが有効かつ効果的に動くように、コンピュータの保有する各種の資源を管理し制御するソフトウェアをオペレーションシステム(OS)という。ハードウェアを直接ユーザやアプリケーションプログラムが触ることのリスクを回避し、計算機資源を効率的に制御することにより、安全かつ円滑に計算機を利用する環境を提供することがOSの役割である。
    OSの基本機能である制御管理の役割を果たすソフトウェアはカーネルと呼ばれるプログラムである。カーネルは資源管理の核となる重要な部分であり、資源を一元管理している。カーネルの重要な機能は5つある。
    プロセス管理
    プログラムは人間から見た1つのまとまった仕事の単位であるが、コンピュータの中ではCPUが仕事の単位を決定する。CPUから見たプログラムの仕事を細分化し、その1つずつをプロセスと呼ぶ。プロセス管理にはスーパーバイザによる状態管理、どのプロセスを実行状態にするかを選択するディスパッチ、実行状態のタスクを中断して別の処理を実行させる割込制御の各モジュールが協力し合って円滑かつ公平な管理が行われている。
    メ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。