児童理解と教育相談1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,199
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近年、学級崩壊、不登校、いじめなど集団生活において困難をきたす子どもたちが増加している。特に不登校はテレビゲームの売り上げとともに増えていき、子どもたちはテレビゲームのバーチャルな世界に一方通行の働きかけをして遊び、実際の兄弟や友人と感情的に交流したり対立を解消していくという相互の関係が希薄なまま成長している。また、家庭環境においても我が子を虐待する保護者が急増し、社会問題になっている。
    こういった実態をふまえ、児童への指導は一人一人の児童の望ましい人格の発達をめざして、学校の教育活動全体を通じ、児童の個性に即し、かつ具体的に進められなければならない。そのためには、一人一人の児童の特徴や傾向を十分に知り、把握するための児童理解が必要となる。児童をよく理解することによって、個々の児童のどこを生かし、どこを伸長させるべきか、どこに問題があるのかについて明確になり、また、どのような機会に、どのような方法で指導することが最も効果的かということも明らかになってくる。一方で個々の児童は、所属する集団成員から様々な影響を受けているので、一人一人の児童を十分に理解するためには、個人が所属している集団の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。