学校制度と社会[1]

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数484
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会化としての教育
     教育は前の世代が次の世代に及ぼす作用、社会存続の営為である。フランスの社会学者デュルケームは、教育は人間を他の動物から区別する最も重要な特性の1つであり、多様な行為をきわめて多数の人間と協力して行い、知識、技能、価値、生活の方法など、すなわち文化を1世代に限定せず、次の世代に伝達することであるとしている。
    人類は文化を教育によって伝達し蓄積していく。そしてこの文化の伝達は社会においてのみ、また社会によってのみ可能である。集団の思想、慣習、価値の体系を若い世代に伝える営み、これが社会化としての教育であり、いかなる時代、いかなる社会においても認められるものである。
    江戸時代の庶民の教育
    江戸時代における社会の基本的枠組みは、鎖国制・身分制・割拠制・世襲制であった。幕府は諸外国からの情報の流入を極端に制限したうえで、身分と地域によって人間を細分化し、その状況をそのまま次の世代へ引き継いでいく体制をつくった。江戸時代の士農工商の身分制は絶対的で、生まれながらの自己に課せられた「分」を守ることが、すべての人間に求められた。教育面でも、武士は武士としての身分を保持するための教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。