★外来動物のペット化による動物たちへの被害

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数575
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外来動物のペット化による動物たちへの被害
    外来動物のペット化による動物たちへの被害
    近年、外来動物が飼い主に捨てられ、野生化するニュースがしばしば報道されている。人間は、自分の利益やまたは一時の興味のため、どんどん海外から動物を輸入し、ペット化をはかる。しかし、いざというときは、無責任に捨てたり、殺したりする。人間による考え無しの行動のおかげでどれほどの動物たちが被害をこうむり哀れな目に遭わされているのかを調べてみた。そこで、日本の生態系を乱す恐れがあり、さらに農業被害を起こすという理由で問題になっている動物に注目してみた。
    まず、1970年代に放映されたアニメ「あらいぐまラスカル」により、ペットブームが起こってしまったアライグマである。そのかわいらしい容貌から今でもペットとしての人気が高い。しかしアライグマは、幼獣のときは人間になついてかわいいものの、成獣になると気が荒く凶暴になる。もともと野生動物のため、大人になると手のつけられない乱暴物になることは明白であり、イヌやネコのようにペットとして飼うには無理があったのである。
    アライグマは、北米が原産で、魚、小鳥のヒナや卵、小型哺乳類、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。