★第三次中東戦争の残した課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数841
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『第三次中東戦争の残した課題』
                                             
                     
    『第三次中東戦争の残した課題』  
    ◆ パレスチナ問題
    (1)原因 第一次大戦中の1917年、イギリスはパレスチナの土地にユダヤ人国家の建国を約束(外バルフォア宣言)する一方で、マクマホン書簡のより、アラブ人に同地の占有を認めた。この矛盾を端に、ユダヤ民族とアラブ民族との争いが始まった。
    (2)イスラエル建国 イギリスに問題解決を委ねられた国連は、1947年、ナチスに虐殺されたユダヤ人の国家を建国するため、パレスチナの土地をユダヤ人とアラブ人に分割する決議を可決し、翌48年にユダヤ人国家、イスラエル共和国が建国された。
    (3)中東戦争 中東戦争とは、イスラエル対アラブ諸国のユダヤ教対イスラム教による対立が一因である四次にわたる戦争である。
    中東戦争の根本として、アメリカは、1947年以来ユダヤ教を信仰するユダヤ人国家であるイスラエルの建国に賛成し、国連のイスラエル建国決議を支持してきた。その結果、パレスチナの土地を追放されたイスラム教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。